お坊さんが教える「やさしい瞑想法」講座

■ 六波羅蜜(ろっぱらみつ)

 

布施 持戒 忍辱 精進 禅定 智慧

 

の六つのことで、この六つをおさめると、迷いの此の岸から、さとりの彼の岸へと渡ることができるので、六度ともいう。

 

 布施は、惜しみ心を退け、持戒は行いを正しくし、忍辱は怒りやすい心を治め、精進は怠りの心をなくし、禅定は散りやすい心を静め、智慧はおろかな暗い心を明らかにする。

 

 布施と持戒とは、城を作る礎のように、修行の基となり、忍辱と精進とは城壁のように外難を防ぎ、禅定と智慧とは、身を守って生死を逃れる武器であり、それは甲冑に身をかためて敵にに臨むようなものである。

 

 施した後で悔いたり、施して誇りがましく思うのは、最上の施しではない。施して喜び、施した自分と、施しを受けた人と、施した物と、この三つをともに忘れるのが無上の施しである。

 

 正しい施しは、その報いを願わず、清らかな慈悲の心をもって、他人も自分も、共にさとりに入るように長右ものでなければならない。

 

『華厳経 明難品』 『大般涅槃経』

 

ホーム
ホーム インスタグラム 天宮光啓's Ownd Koukei's Profile ブログ お問い合わせ